60代女性の育毛剤の選び方

加齢とともに髪は薄くなっていく

多くの女性が加齢とともに髪が薄くなったと実感し、悩んでいるといわれています。特に60代になると髪は白髪に変わり、髪のハリやコシもなくなり、徐々に頭皮が薄く見えるようになります。薄毛を隠すようなウィッグなどもありますが、根本的解決にはならないので、その人の頭皮や体に合う育毛剤を使用して、薄毛を改善するのが最適です。

60代は一般的な薄毛ケアは向かない

60代になると、女性ホルモンの分泌量が急激に減り、その変化に体はついていけずに心身に様々なトラブルが起こります。これは更年期障害と呼ばれるもので、更年期になった女性は、髪の毛1本1本が細く痩せてしまい、全体的にボリュームがなくなります。
現在では、女性用育毛剤も多くありますが、60代の場合は通常の育毛ケアでは十分な効果は得られません。

60代の薄毛の原因は糖化

更年期特有の薄毛が起こる原因は「糖化」です。髪の毛根は真皮部分に存在しており、真皮はヒアルロン酸やエラスチン、コラーゲンなどで構成されています。髪に栄養を送り込む毛乳頭や毛母細胞の働きが正常であれば髪はしなやかで美しい髪が保てます。しかし、エラスチンやコラーゲンが糖化すると真皮が硬化し、毛母細胞が衰えて髪はやせ細ってしまいます。

今ある髪を保つことが大切

60代の方が育毛剤を使用する場合、髪を若いころのようなボリュームある状態に戻すことはほぼ不可能なので、頭皮環境を正常化し、今ある髪の維持を目的とします。
育毛剤の選び方として、男性用や男女兼用などの刺激の強いものは避け、女性用を選びましょう。頭皮環境を改善できれば徐々に2ヶ月くらいから抜け毛が減りはじめ、髪のハリやボリュームが出てきます。

ストレスを溜めずに育毛する

60代になると加齢によって肌は乾燥しやすくデリケートになるので、どのようなケアをしても若いころのようにハリやボリュームのある髪になることは難しく、薄毛は完全に防ぐことはできませんから、今ある髪を維持することが大切です。
若い頃の姿を追い求め、大きなストレスを溜めるより、多少は加齢を受け入れるということも、育毛剤の選び方同様に大切です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ