60代女性の頭皮ケアの方法

60代女性に最適な育毛剤

女性用の育毛剤は数多くありますが、60代女性に人気のあるものは真皮層にまで浸透するもの、頭皮にダメージを与える成分の化学物質が含まれていない、天然由来成分の育毛剤が選ばれています。60代は真皮層が硬化してしまい、血液の流れが悪くなり毛髪の活力が低下します。そのような状態に最適な商品を選ぶことは大切です。

通常の育毛剤では効果が薄い理由

60代になると急激に女性ホルモンが減少します。そのような体の変化に伴って辛い更年期障害を起こしたり、髪にもボリュームがなくなってきます。これは髪の毛が減るというより1本1本が細くなるのが原因です。ですので更年期には通常の育毛剤では期待するほどの効果は得られないことが多いです。更年期に適したものを選ぶ必要があります。

薄毛になるのは糖化が原因

更年期になってからの薄毛は糖化が主な原因です。真皮部分に毛根がありますが、真皮は神経や血管、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどの成分からできています。そのコラーゲンやエラスチンが糖化すると真皮層が硬くなり、コラーゲン分泌腺や血行不良が起きてしまい毛髪の活力が衰えていきます。ですので硬化した真皮にまで浸透するものが必要です。

60代に最適な育毛剤

通常の育毛剤で頭皮ケアしても、真皮の状態が違っていますから効果が得られません。真皮が糖化で硬くなると折角の育毛の有効成分が浸透することが難しくなります。糖化したところがバリアのようになって成分が浸透しないのでは、頭皮ケアを頑張っても目に見える効果が得られません。60代になって薄毛が気になる方は、浸透力を重視して選ぶことが大切です。

30~40代とは違う頭皮ケア

60代女性の薄毛は、30~40代と違い真皮層が糖化で硬くなっていることを思いに留めることが大切です。有効成分が表面だけで止まり真皮層にまで浸透しないのであれば効果を期待することは無図怪異です。ですので浸透力があるものを選ぶことです。長期間使い続けることで効果を発揮してきますので、浸透力があり無添加の肌に優しい育毛剤がおすすめです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ