60代女性の育毛シャンプーの選び方

なんだか急に髪の毛が細くなってきた

50歳を過ぎた当たりから抜け毛が増えて一本一本の髪の毛も細くなり地肌が見えるようになってしまうことはよくあることです。特に女の人の場合は60代になると女性ホルモンが減って急激に変わってきます。「もうトシだから」と諦めてはいないでしょうか。実はシャンプーの選び方次第で頭皮や毛髪の老化現象を食い止めるとができます。

年齢とともに毛髪が細く少なくなるわけ

肌と同様に頭皮も加齢とともに衰えていきます。ターンオーバーの周期が長くなってケアを怠ると抜け毛が増えて新しく生まれる毛髪も少なくなっていきます。また女性ホルモンが減ると頭皮が乾燥して固くなります。頭皮環境が悪くなれば血行が悪くなります。若々しい髪を保つには頭皮ケアこそ最も気を配らなければいけません。

一般のシャンプーでは髪は蘇らない

「ツヤのある髪」「サラサラヘアー」などのコピーで売られているシャンプーは60代の女性には適さない場合が多いといっても良いでしょう。というのもこれらのシャンプーは頭皮の健康よりもコーティングやツヤ出しなど見た目の美しさを重視して作られたものだからです。シャンプーは加齢とともに美しさよりも健康重視に変えていかなければなりません。

60代女性の育毛シャンプーの選び方

60代になって髪が細くなり、抜け毛が増えてきたらシャンプーは慎重に選びましょう。選ぶポイントは保湿と低刺激です。洗浄力が強い石油や高級アルコールを使ったシャンプーは保湿に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。サラサラヘアーになるシリコン配合のシャンプーも頭皮にはよくありません。頭皮に優しいのはノンシリコンのアミノ酸系シャンプーです。

育毛シャンプーで気持ちも若返ります

髪の毛は見た目年齢に大きな影響力があります。年齢とともに毛髪が細く少なくなってくるのはやむを得ないことかもしれません。でも育毛シャンプーを使えば頭皮の老化を弱めることは十分可能です。ウィッグに頼らなくても健康な髪を取り戻すことができれば見た目だけではなく気持ちも5歳、10歳若返ることもできるのではないでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ